« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

神式葬儀

2011年も押し迫った12月30日・31日で、葬儀があった。(;ω;)

病状から、いよいよ危ないと聞いていたのだが、なんとか新しい年を迎えてもらいたいと一生懸命祈ったのに、実に残念だった。

葬儀は、天理教の教会で行われた。

神式の葬儀は初めての経験だったので戸惑うことも多かったが、仏式に比べると概してあっさりした印象だった。

神棚と仏壇、御魂と仏様…等、違いは若干あるものの、輪廻転生という考えは変わらない。

死とは、古い衣服(身体)を脱ぐだけのこと、魂はまた再び新しい衣服(身体)を得て現世に戻ってくるのだから、それまでのほんの僅かな別れだと。

そんな風に諭されても、やっぱり寂しい。もう会えなくなると思うと悲しくてたまらない。(u_u。)

もう10年以上も前にあちらの世界に旅立った母に、せめて、彼女が道に迷わないように案内してねと仏壇に向かって祈るばかりである。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

今年最後の三連休

今年最後の三連休は、好天に恵まれクリスマスも重なって、とってものんびりしたものだった。

年末休みで帰宅している次男にも手伝ってもらって、外回りの大掃除も出来た。

定期的に通っている整体にも行けた。

お正月用の煮豚も作った。

読みかけだった本も読んだ。

借りて来たDVDも観た。

最近、こうやってすっかり寛いだ休日を過ごすことが出来れば出来るほど、翌日の出勤がとっても億劫になっている。

毎週日曜の夜6時半、テレビでサザエさんが放映される頃には、もう気が重くて仕方ない。

こういうのを『サザエさん症候群』って言うんだって。

この一年、いや、特にここ数カ月はホントにひどい。出社拒否って言うの?

でも…仕事が嫌なわけではない。

むしろ好き?な方だと思う。
数字や形で成果が実感出来るのは充実感につながるもの。(*^ー゚)bグッジョブ!!

実は、去年から今年にかけて、どうも職場の雰囲気が悪くなった。(ノд・。)
和やかさがなくなって、ギクシャクして…

今夏、とうとう一人の職員が心の病で病欠になった。

そんなこんなが、私の出勤意欲を殺いでいるのだろうと思う。

来年は、良い年になりますように…

今年も仕事納めまで、あと三日。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

映画 『М:i:Ⅲ』

324026view0011職場で、イラッ!ムカッ!ということがあったので、アクション映画で気分転換。

『М:i:Ⅲ』は、私の好きなトム・クルーズ主演のシリーズ第3段。

アメリカのスパイ、イーサン・ハント(トム)は、世界を股にかける超優秀なスパイだが、今回はクレムリンを爆破した犯人に仕立て上げられてしまう。

アメリカ国家の後ろ盾を失い、仲間も武器も限られたなか、罠にかけた真犯人を捉えるべくロシア・ドバイ・インドへと飛ぶ。

ドバイの超高層ホテルでのアクションは、高所恐怖症の私にはクラクラ…アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

ストーリーはともかく、これでもかってくらいのアクションの連続に、ただ茫然としたひとときだった。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

電車内ウォッチング

普段電車に乗らないので、たまに乗るとついキョロキョロしてしまう。

中吊り広告や広告ビデオはもちろん、乗客の様子も実に興味深い。

最近は電車内でも平気で通話するサラリーマンがすごく多い。
まずいと自覚があるのか、手で隠しつつヒソヒソ話す輩もあれば、堂々と取引先?と会話するやつもいる。

私が取引先の人間なら絶対にそんな非常識な営業マンとは仕事したくないね。

今日は私の目の前に座っていた二人の女性客の攻防戦が面白かった。

年配の御婦人はとにかく眠いらしい。
左隣の女性から何度肘鉄を食らおうと、居眠りしながら寄りかかる。

左隣の女性は、素知らぬ顔のまま肩で押す、肘で突つく。
それでも起きない隣席に表情が相当イラついてるよ。

『いい加減に起きろー!』

って肩を揺すりたいという気持ちが、こちらにもビンビン伝わってきて、

『怒鳴っちまえよ』 
と、ひと押し囁いてあげたかった。( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

青痣赤痣

青痣赤痣

土曜日の夜、左手中指の付け根あたりに青痣を見つけた。(・_・)エッ....?

あれ?
打ち身なら触れると痛いはず。
でも痛くない。

どこかへぶつけた記憶もないし、不思議だな…と。

昨日、今日と日が経つにつれ青から赤紫に色が変わり、範囲も広がったような…?( ゚д゚)ポカーン

友達には、睡眠中に暴れてぶつけたんだよと笑われたけど、なんだかすごく気になるわ〜

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

ふわふわオムライス

ふわふわオムライス
ふわふわオムライス

私と同じ病で闘病中の同級生とランチ

彼女は放射線治療の副作用で只今髪の毛がお留守中。

ちょうど寒い時期でもあるし、私とお揃いでニットの帽子をプレゼントした。

さて、会場選びを任された私は、ぐるなびやら食べログなどを探し、あちこちの友達ネットワークを駆使して、ようやく武蔵小山の小さなビストロを見つけた。

店内はとにかく狭い。

カニ歩きしなけりゃ二階までたどり着けないよ。

メニューの中でダントツ人気はオムライスだそう。

香ばしい地鶏が大きめなチキンライスは大人向きの醤油味?
上に乗った卵の真ん中をスプーンで割ったら、トロトロふわふわと広がった。

こういうオムライス食べたかったんだぁ…

でも欲を言えば、卵には真っ赤なトマトケチャップが欲しかった。

お子ちゃま風になっちゃうけどね。(=´Д`=)ゞ

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

吉野家の豚丼

吉野家の豚丼

テレビCM中の豚丼が食べたくて、久しぶりに吉野家へ。

食券販売機の前に立つと、ついドギマギしてしまうのは吉牛ビギナーばればれだね。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

豚丼とは、こんがり焼き色がついた豚肉を甘辛のタレで煮込んだものに、コールスローサラダを添えてご飯の上にかけたもの。

牛さんより豚さん好きの私にはピッタリかも。(* ̄ー ̄*)

サッパリしたコールスローサラダもいい箸休めだ。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

呼吸練習器具

呼吸練習器具

1月13日に受けることになった二回目の肺腫瘍摘出手術。

術後の肺機能改善策として、今から練習しておくようにと呼吸練習器具『coach2』の購入を求められた。

管の先っぽを加えて静かに息を吸い込む。
ニコニコマークが表示された辺りに印が留まるように一定の強さで吸い込むことで、左側の黄色いピストンが持ち上がっていく。
息が続かなければ、ピストンはサッと落ちてしまう。

ある程度の強さで長く息を吸い込むことで、肺機能が強くなるとのことらしい。
目標値は1250ぐらい。今の私は750だから、まだまだ練習が必要だ。
目標がはっきりしていて、こういうゲーム感覚なのは結構好き。

看護師さんがお手本で1500を軽くクリアーしたのを見せつけられて、私の勝負魂に火がついた。\(*`∧´)/

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

映画『リアル・スティール』

315x2101 ヒュー・ジャックマン主演の映画『リアル・スティール』を観た。

近未来では、格闘用ロボットの戦いが人気。
元ボクサーのチャーリーは妻子と別れ、一攫千金を求めて格闘用ロボットを買っては負け、借金まみれの不甲斐なさで、恋人からも別れを告げられる有様。

そんな時、別れた妻が死亡。親権を妻の姉に委ねるが、一時的に11歳の息子マックスを預かることになる。

お互いうまく馴染めないまま共同生活が始まるが、ある日マックスが、廃棄物置き場で古い型のトレーニングロボット『ATOM』を見つける。

父子で協力してATOMを修理。ロボット格闘技の世界にふたりで挑んでいく。

最初、ロボット同士壊れるまで戦わせる破壊性に、気持ちが荒みそうになったけど、とぼけた雰囲気のATOMとマックスのやりとりが可愛い。

最後はもう、ATOM頑張れ!って、夢中で応援して、ホロリとさせられて…で、観てよかったって思う。

なかなかの秀作。☆☆☆☆

| | コメント (0)

女子会

ひとつ前の職場の同僚5人で、渋谷駅近くのスペイン料理屋さんで女子会。

前回会食したのはいつだっけ?って、みんなして首をひねった結果、もう3年も前だったことが判明。あらら…そんなに経った?

私以外は皆リタイア組。
親の介護・孫の世話・ボランティア活動…と、それなりに忙しく暮らしていると言うが、流れる空気はゆったりしたもの。

そうそう、こういうのんびりした時間の流れの中に、早く私も入りたいと思っていたのよ。

収入がなくなって不安はなかった?

退職金や積み立てていた個人年金なんかで何とかなるわよ。

毎日やることがなくて、暇を持て余したりしない?

あれこれ小さな用事はいっぱいあるものよ、心配ないわ。

通勤がなくなって、運動不足になったりしない?

散歩すればいいのよ。

先輩たちの話をあれこれ聞いて不安は減少、楽しみは増した。

トルティーリャやパエリャ等の美味しいスペイン料理を食べ、おしゃべりも満喫。

次回まで、Hasta la vista !

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

レンタルDVD『めがね』

久しぶりにレンタルビデオ屋さんに行った。

私が通わなくなって多分2・3年。

その間に、会員カードも切り替わったとかで新たに作成。

観たいと思っていたのに観られなかった映画って、何だったっけ?

DVDがずらりと並ぶ棚を前にしばし考え込んだ…

ロードショーで観る映画は、圧倒的に洋画が多いのだが、背表紙のタイトルを見てもどんな映画だったか全く思い出せないのが悲しい。

家でチマッと観るには、邦画の方が(って、ややこしい)、ふさわしい気がして選んだのは、『めがね』。

小林聡美、もたいまさこのゆるりとした映画だ。

与論島の海が美しい!

ああ、いいなぁ…こんな景色の中でしばらくのんびりしたいなぁ…ときっと誰もが思うね。

『真面目に生きていても休憩は必要なんだよ』っていうセリフが、ストンと落ちた。

心を込めて煮込んだ小豆。
地でとれた野菜や海の幸。
食事シーンも多い。

食べ物や食事を美味しくいただくってことは、前作『かもめ食堂』にも通じるが、最近の私も『食』についての関心が高い。

作物が生産者の想いをのせて流通し私の口に入るまでには縁を、無事に届くことに奇跡を、美味しくいただける自分の健康に感謝を…と、色々ひっくるめてありがたいなぁと思う。

平均寿命までせいぜいあと3万回の食事。私は1日2食の日も多いから2万回強というところ?

1回1回の食事を大事にしていきたいと思う。

約2時間、ふんわりしたときを過ごして代金100円は安い!

しばらくレンタルDVDにハマりそう。(*^-^)

| | コメント (0)

皆既月食

皆既月食

夜遅く帰宅した次男が、きれいな皆既月食が見えるよと教えてくれた。

11年ぶりのことらしい。

デジカメで写真を撮ろうとしたが、ずっと放置していたせいで電池切れ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

上手く撮れないだろうなと思いつつ携帯カメラで取ってみた。

肉眼で見たらかなり欠けていて、明るい部分は右サイドのごく一部だったけど、この写真でわかる?

次にこれだけきれいに見ることが出来るのは7年後らしい。

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

朝マック

朝マック

朝から大失敗!

エステの予約日を一週間間違えて出掛けてしまった。

私を見た途端、あれ?っという表情をした店長さんを見て私も誤りに気がついた。(。>0<。)

外出したついでにマクドナルドに寄ったら、店内はほぼ満席で驚いた。

それも、爺さん婆さんの年寄りばかり。

完全に高齢者の社交場だね。

彼等は医者の予約取りで朝早く家を出てきたらしい。

そんな年寄りが次々来店して、顔見知りを見つけては仲良く談笑。

話題はやっぱり健康のこと。

あそこの医者がいいらしい…そんな口コミであちこち医療機関にかかるから、高齢者の医療費が増大するんじゃないの?

受診のたびに一回百円を徴収する案は高齢者や低所得者層の反対を懸念して政府は断念したそうだ。

百円案が良案とは思わないけど、財源は限られているのにあっちこっちいい顔しようとするのはもうやめたら?と言いたい。

若者の貧困層が増えていると新聞にあった。

結局消費税を上げて、低所得者層に痛手を与えることになるんだろうか?…って、今の政治に言いたいことはいっぱいあるが、それはまた今度。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

老いのショック

4月から都内で寮生活をしている次男が、ここのところ毎週のように里帰りしてくる。

帰って来ればそれなりに楽しいのだが、洗濯物は増えるし、ご飯の支度やらで忙しい。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

夕食を共にしながら、次男がポツンと言った。

『あんなに弱っちいオカンを見たのは初めてで、すごくショックだった…』と。

今回の入院・手術を経て退院した翌日に会った私の様子のことらしい。

自分じゃ、この程度の手術なんて屁の河童!位に思っていたつもりだったが、久しぶりにみた母の姿は、次男にとっては忘れられないくらいに病弱に映ったようだ。

以来、ひとり暮らしの母が心配なあまり、毎週の帰省となったそう。

子どもにとって、親はいつだって元気が当たり前。どれだけ頼ってもビクともしない…そんな存在だ。

でも、時が経って、子どもが大きくなった分、親は年をとる。

私の場合もそうだった。
独立独歩。2本の足を地べたにしっかり踏ん張って生きていた母が、ある時ずいぶん小さく感じた。背中が丸まった。気がつけば白髪が増えていた…

これまで守られてきた私が、今度は母を守るんだと感じた一瞬だった。

次男もまた、その一瞬を迎えたのだろう。

一方で…

私ももうそんな風に思われる年になった?って、これはこれでショックなんだよね。(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »