« 気管支鏡検査初体験② | トップページ | 気管支鏡検査初体験④ »

2011年9月 9日 (金)

気管支鏡検査初体験③

僅かな距離を車いすに乗せられ内視鏡室へ連れて行かれ、ちょっと恥ずかしい。(*´ェ`*)

内視鏡室では、ネプライザーという噴霧器で喉に麻酔薬を入れる。

ネットでは、恐ろしく不味いと書いてあったが、それほどでもなかった。

でも、ここでしっかり麻酔をしておかないと後が苦しいそうだから、腹式呼吸で吸いまくった。

その後、舌を押さえられて喉の奥にも噴霧。かなり口の中がボワーっとしてきたぞ。

レントゲンで撮影をしながらのファイバー挿入とのことで、レントゲン台の上に横になった。

マウスピースをテープで固定された途端、唾液が出て来た。

『唾液が…』とモゴモゴ言ったら、マウスピース担当の兄ちゃんが、『じゃ、飲んでください』って。

『ええっ?飲んじゃダメなんじゃないの?!』

前室で散々麻酔後は誤嚥性肺炎になるから、唾液は飲んじゃダメって聞かされていたのに?

横にいた看護師さんに聞いたらやっぱりダメだって。

ほれ見たことかと、つい兄ちゃんを見たら、ボク知~らないとばかり、そっぽを向きやがった。

危険な間違いを犯したんだから、『ごめんなさい』ぐらい言うべきじゃない?┐(´д`)┌ヤレヤレ

|

« 気管支鏡検査初体験② | トップページ | 気管支鏡検査初体験④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気管支鏡検査初体験② | トップページ | 気管支鏡検査初体験④ »