« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月25日 (日)

一年ぶりの京都⑳

一年ぶりの京都⑳

フェルメールに感動した後、時間があったので八坂まで歩いた。

ついでに、京都観光の王道二年坂三寧坂を清水まで。

二年坂で「栗とカボチャのソフトクリーム」を買い食いした。
ぐるナイのロケで岡ちんも食べたそう。

潰したカボチャにラム酒?だかが掛かっていて、これがなかなかイケるのよ。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑲

一年ぶりの京都⑲

京都市美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」を見た。

修復を終え世界初公開となった「手紙を読む青衣の女」の他「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」の三点が展示されていた。

鮮やかに浮かび上がったフェルメールブルーと呼ばれる青衣が美しい。

どれも光と陰のコントラストが見事。

欲を言えば、「ターバン」とか「牛乳」とか他の作品も見たかった…

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑱

一年ぶりの京都⑱

おはよ。
三日目の朝。今日の京都は曇り空です。

たいした荷物もないので、リュックを背負い早々にホテルをチェックアウトした。

近くのパン屋さんでシンプルモーニングメニューの朝ご飯。

最終日の今日は、今回の旅の目標でもある「フェルメール展」を見に京都市美術館へ行きます。

昨日の夕方ちょっと寄ってみたら、待ち時間50分の長蛇の列だった。
こりゃあ朝一で行くしかないか…と思った次第。

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

一年ぶりの京都⑰

一年ぶりの京都⑰

京都市庁舎。
かなり古い建物らしいのだが、石造りの立派なもの。

前庭は広くて綺麗。

とても素敵です。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑯

一年ぶりの京都⑯

京都観光「よるバス」は、市内の観光名所を廻るミニトリップ。

とても楽しみにしていたのだが、東寺の五重塔を始め、二条城も御所もあまりに暗くて、何が何だか判らなかった。

右に見えますのは…というアナウンスに、必死に目を凝らすもまるで見えん!

これじゃあんまりだと思っていたら、平安神宮は遠隔操作で、バスの到着に合わせ数分だけライトアップをしてくれたので、少しは納得したけどさ。

これも震災以来の節電のせい?

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑮

一年ぶりの京都⑮

夜食代わりのおやつは、大阪たこ焼き風風の唐揚げ。

小さなカップに4〜5個入って百円というお手軽さ。

京都初出店なんだって。

熱々が美味しい。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑭

一年ぶりの京都⑭

「MOSDO

ミスタードーナツとモスバーガーのコラボ第1号店が三条河原町に出来た。

ハンバーガーやドーナツから離れて新たなスイーツのお店なんだと。

早速行ってみたよ。

私が選んだのは、一番甘くてヘビーそうな「ふんわりクリームのデザートとアイスティーのセット」

店員さんに拠れば、甘党さんにはめっちゃ人気!だそう。

レジは長蛇の列だったけど、テイクアウトのお客さんも多いみたいでイートインの席はすぐ確保出来た。

超甘党の私にはもっと甘くてもOKだよ。

名前のとおりふわふわの生クリームが美味しい。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑬

一年ぶりの京都⑬

今日のランチは八瀬比叡山口駅近くの食堂で「おらが蕎麦を。

山芋と卵が乗った温かいお蕎麦。

比叡山山頂で冷えた身体がじんわり暖まった。

今夜は「よるバス」という市内の見所寺社を車窓から眺めるツアーバスを予約しているので、早めにホテルに戻って少し休もうと思う。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑫

一年ぶりの京都⑫

延暦寺内横川にある元三大師堂は、永観二年疫病が全国で流行った時、憂いたお大師様が坐禅に入ると、その姿はみるみる骨ばかりの夜叉に変わった。

その姿を写し取って各家の戸口に貼ったところ、見事に病魔が退散したという。

所謂おみくじの元祖だとのこと。

私はこれまで御札なんて買ったことないのだけれど、病魔を直ぐにでも追い払いたくて三枚購入。

どうぞ、しっかり効いておくれ!

帰宅したら即玄関に貼ろう。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑪

一年ぶりの京都⑪

延暦寺根本中堂。
ここは比叡山延暦寺の総本堂で国宝でもある、それはそれは立派なお堂です。

人と同じ高さに立つ薬師如来様が叶えてくださる御利益は、家内安全、身体健康、病気平癒など。

自分のこと、お嫁さんのお母さんのこと、病欠中の職場の同僚のこと、抗がん剤で治療中の学生時代の友人のこと…

欲張りと言われようと、沢山の人たちの病気平癒を祈った。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑩

一年ぶりの京都⑩

京阪三条駅で偶然見つけた「比叡山ワンディチケット」の案内チラシを見て、今日は比叡山をまわってみることにした。

昨日も乗った叡山電鉄で八瀬比叡山口へ。

叡山ケーブルは急勾配の山中を登って行く。

あのロープが切れたら…って、お約束の想像をしてみてビビったりして…アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑨

一年ぶりの京都⑨

おはよう。
二日目の朝。

目指していた朝ご飯のお店がまだ開店前だったので、昨日行った進々堂で「スクランブルエッグセット」を。

これは昨日「ハムトーストセット」を選んだ後に、しまった!こっちを選べばよかったか〜と後ろ髪引かれた一品。

ボリューム満点。

旅行先では、普段と比べてとてもたくさん食べるので体重増加が心配だ。

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

一年ぶりの京都⑧

一年ぶりの京都⑧

鞍馬駅からシャトルバスに乗ってくらま温泉へ。

前面に鞍馬山を抱いた露天風呂は、温めの湯ゆえに、じっくり浸かればじわじわと身体が解れていく。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑦

一年ぶりの京都⑦

自らの呼吸音を聞きながら前方下を見つめて山道を歩くこと1時間20分。

漸く鞍馬寺出口、鞍馬駅に着いた。

駅前に堂々の天狗像。

鞍馬山は信仰修行の場。

殊勝にも、これまで犯してきた悪口悪行を深く反省しつつ、これからの穏やかで健やかな日々を願う。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑥

一年ぶりの京都⑥

鞍馬山縦断途中で見つけた杉の木の根が露出した道。

堅い地質のために、根っこが地中を這えず露出したらしい。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都⑤

一年ぶりの京都⑤

貴船神社のすぐ側に鞍馬寺西門入口がある。

入門口のおばちゃんに鞍馬温泉までの道を尋ねたら、いい汗かいて温泉楽しんでおくれやすとエールを送られ、鞍馬山縦断を決行。

一時間強の山道だ。

杖を借りて歩き出して五分後には早くも後悔。

苦しいのなんのって…(。>0<。)

| | コメント (0)

一年ぶりの京都④

一年ぶりの京都④

貴船神社は縁結びの神様だそう。

私には関係ないが、次男と友人の為に良縁を願おう。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都③

一年ぶりの京都③

30分ほどで貴船口に到着。

途中から腹痛が起き冷や汗もんだったが、大急ぎでトイレへ駆け込み、事なきを得た。

このあたりは京都の水源地らしい。

貴船川は先日の台風15号の影響か水量豊富で流れも速かった。

見事な杉林の中を歩くこと2キロ、貴船神社に到着。

貴船口から貴船までバスがあったのだが、無謀にも徒歩を選択。

すっかりバテたが、川のせせらぎを聞きながらの散策は気持ちいい。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都②

一年ぶりの京都②

出町柳から叡山電鉄で貴船口へ。

出町柳駅の券売機に並んでいたら、私の前にいたオジサンが何を急いているのか、前のカップルのおつりがジャラジャラと落ちる途中で、早くも手を伸ばして小銭を投入口に入れだした。

あまりに慌てるものだから小銭を投入口に入れ損なって、コロコロ転がった。

そんなに焦ったって次の電車はまだ発車しないよ。

まだ購入途中だったカップルも苦笑い。

叡山電鉄は木立の中を走る単線の小さな電車。

あと2ヶ月後なら見事な紅葉かも知れない。

| | コメント (0)

一年ぶりの京都①

一年ぶりの京都①

朝6時27分発ののぞみ303号に乗って、京都にやってきた。

ひたすら眠い。

先ずは朝ご飯。

烏丸御池にほど近い喫茶店「進々堂」は、モーニングメニューが安くて豪華、しかもコーヒーのお代わり自由という太っ腹。

店内も明るく、ほどほどの混み具合。

ずっとここでボーっとしていたい…っとまあ、そんな訳にも行かず、これからホテルに荷物を置いて、鞍馬に行ってみる予定。

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

ニトリ探訪

ニトリ探訪

ここ数年、一度は行ってみたいと思っていたニトリ。

病気をして以来、明日は必ず来るとは限らないことを実感。

だからやってみたい、行ってみたいは迷わず実行して来たのだが、行きたい度合いが低かったせいもあって、ニトリはこれまで行ったことはなかった。

でも、テレビCMや広告チラシで低価格を目にするたびに今度行こうと思っていたんだよね。

ニトリは、りんかい線東京テレポート駅から数分のヴィーナスフォート一階にあった。

キッチン・バス用品等の雑貨から家具、寝具まで幅広い品揃えではあるが、ワンフロアということもあり想像していたより狭い印象。

白を基調としたシンプル且つ安価なミニ家電には購買欲をググッとそそられた。

ピンクの可愛い花柄の布団カバーセットに一目惚れ。

クロゼット内の棚に置くカゴやら抗菌まな板、ホーローの味噌ポット等を購入。

帰りの荷物を考え、かなり買い控えたはずだったが、やっぱり荷物は重かった…

小ぶりのヤカンとか電気鍋とか、買わないでよかった…と思いつつ、たくさん買えば迷わず宅配サービスを利用するのだから、なまじ中途半端な買い物をしたから汗だくで帰ることになったのかも?とも思う。

それにしても、あれこれキッチングッズを見て回るのは実に楽しい。

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

観葉植物新規2種

観葉植物新規2種

新しく観葉植物を買った。

今回のはまだら模様がオシャレな「クロトンゴールドスター」と、緑の濃淡が爽やかな「サンデリアナゴールド

どちらもよく見かける葉っぱだけど、名前は知らなかった。

年を重ねるごとに緑が恋しくなってキッチン周りや室内に植物を置きたくなった。

若い頃はインテリア雑誌で見るグリーンを、オシャレではあるが邪魔くさいと思っていたし、室内はシンプルがベスト、極力物を置かないスッキリとした空間が一番と信じていた。

でも、ここ数年、動物や植物など生き物の温もりを感じたいと思う自分がいる。

彼らとは会話は叶わぬが、そこにあるだけでホッとするのは何故だろう。

目をかけ手をかければ応えてくれる正直さがいい。

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

本日のスィーツ

本日のスィーツ

出張の帰りに飯田橋駅で買ったのはワッフル工房の「モンブラン

栗を見ると秋を感じ、秋になれば栗を思う…。

秋ですね。

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

事務引継

来年度の人事異動に向けて、担当業務の引継を半年前倒しにしたいと今年度当初に係の打ち合わせで私が提案した。

昨年度退職者の業務を引き継いで、とても苦労した経験から、次の担当者にはそんな不安な思いをさせたくなくて提案したこと。

前任者が側にいてくれることで、細かな事務処理について気軽に聞けるというメリットは心強いものだ。

同時に、この半年の準備期間中に細部に行き届いたマニュアル作りを進めた。

この案は我ながら素晴らしい思いつきだと自画自賛していたが、私の業務の次期担当者には手厚い一方で、私は半年間だけの新しい事務を覚えなければならず、これはこれで結構しんどいことが解った。

変更月は来月。

新たな仕事の段取りが掴めなくて、なかなか予定が立たない。

先日の気管支鏡検査の結果により、11月に手術を受けることにしたため、しばらくバタバタが続きそう。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (0)

2011年9月11日 (日)

FP技能検定3級③

(社)金融財政事情研究会のホームページで、今日の検定試験の模範解答が公表されたので、早速チェック。

ドキドキするね。

持ち帰った試験問題に、解答をメモっていたので、それと照らし合わせる。

アッチャー(。>0<。) また間違えた…(;ω;)

でも合格ラインは正解率6割だから、なんとか学科・個人資産相談業務ともクリア。

やったね!(*^ー゚)bグッジョブ!!

正式な合否通知は10月24日に発送とのこと。

早く合格通知が見たいね。

| | コメント (0)

FP技能検定3級②

FP3級試験②

さて、午後の部は個人資産相談業務。

具体的事例から15の設問があり、制限時間は一時間のため途中退出は不可。

土地の状況から建築延べ面積を求めたり、相続税の計算をしたりと不得手な項目だったが、過去問と比べて、今回ははるかに優しかったような気がするよ。

今日の夕方にはネット上に模範解答が掲載されるそうなので、怖いような楽しみなような…

それにしても受験者は老若男女取り混ぜてとても多い。

全国ではいったいどれだけの人たちが受験したのだろう?

| | コメント (0)

FP技能検定3級①

FP3級試験①

今日、FP3級試験に挑戦した。

一昨日からダラダラと下痢が続いていて落ち着かないので、ギリギリまで悩んだ末、受験継続が無理ならその時点で放棄すればよいと居直ったらお腹も理解を示してくれたようで、とりあえず午前の部は終えた。

60問は40分程度で終了したが、制限時間二時間のうち一時間を過ぎないと退出出来ないためじっと我慢。

いくら考えても解らない物は解らない。

記憶の隅に引っかかってるものなら何とか絞り出せるだろうが、「全く聞いたことがない」というものはどうしようもないさ。

さっさと気分を変えて午後の部に備えることにしよう。

気管支鏡検査以来食欲はないし、何か口にすれば下痢が怖い。

ランチタイムはコーヒーショップで温かい紅茶のみ。

既に午前の部の間違い箇所をいくつも見つけて、落ち込むことしきり。(u_u。)

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

気管支鏡検査初体験⑤

中央治療室のベッドに戻ったら、長男がお迎えに来てくれていた。

休憩の2時間の間、検査の様子やらなにやらと、ずっと息子に話して聞かせていたので、喉はカラカラ、唇もパサパサになった。

とにかく麻酔が切れるまでは、痰も唾液も飲み込んではいけない。悉く吐き出すこと。

ティッシュ1箱抱えて緊張したが、余りにカラカラになり過ぎて、唾液なんか出やしない。

徐々に口の中のボワッとした感じがなくなって、麻酔が切れつつあるのを感じた。

2時間後、最初は口の中だけでぶくぶく嗽をしてみる。
次に喉に当たるようにガラガラ嗽を。
最後にほんの少し水を飲んでみる。

これで、むせなければもう大丈夫ということで、帰宅が許された。

今夜は発熱や血痰が出る可能性が高いということで、抗生剤を3日分処方された。

タクシーで帰宅してようやくホッとした。
永い一日だったと思う。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

昼食抜きで検査前はあんなに腹ペコだったのに、今は全く食欲がわかず、さっさと寝ることにした。

検査結果は1週間後。さて、どうなることか?

| | コメント (0)

気管支鏡検査初体験④

さあ、始めます。と先生の声が響いた。

もう、仕方ない。まな板の上の鯉だ。煮るなり焼くなり、どうとでもしてくれい!と居直るしかない。(u_u。)

グググッと管が喉を通る。どんどん入って行くのが判る。

つい肩に力が入ってしまい、いかんいかんと腹式呼吸に集中して力を抜くことを試みた。

痛みはないが、ゴリゴリと聞こえる管の音が不気味だ。

先生が管を動かすたびに、つい顎が上がってしまい、おいおい、もうこれ以上仰け反れないぞって感じになった。

途中途中でベッドが動きレントゲンのカシャって音が響き、もう、ひたすら早く終わってほしいと祈るのみになったところで、ようやくおしまい。

疲労困憊で再び中央治療室にもどり、これから麻酔が切れるまでの約2時間をベッドで過ごす。

| | コメント (0)

気管支鏡検査初体験③

僅かな距離を車いすに乗せられ内視鏡室へ連れて行かれ、ちょっと恥ずかしい。(*´ェ`*)

内視鏡室では、ネプライザーという噴霧器で喉に麻酔薬を入れる。

ネットでは、恐ろしく不味いと書いてあったが、それほどでもなかった。

でも、ここでしっかり麻酔をしておかないと後が苦しいそうだから、腹式呼吸で吸いまくった。

その後、舌を押さえられて喉の奥にも噴霧。かなり口の中がボワーっとしてきたぞ。

レントゲンで撮影をしながらのファイバー挿入とのことで、レントゲン台の上に横になった。

マウスピースをテープで固定された途端、唾液が出て来た。

『唾液が…』とモゴモゴ言ったら、マウスピース担当の兄ちゃんが、『じゃ、飲んでください』って。

『ええっ?飲んじゃダメなんじゃないの?!』

前室で散々麻酔後は誤嚥性肺炎になるから、唾液は飲んじゃダメって聞かされていたのに?

横にいた看護師さんに聞いたらやっぱりダメだって。

ほれ見たことかと、つい兄ちゃんを見たら、ボク知~らないとばかり、そっぽを向きやがった。

危険な間違いを犯したんだから、『ごめんなさい』ぐらい言うべきじゃない?┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0)

気管支鏡検査初体験②

さて、いよいよスタート。

中央治療室なるところで上半身病衣に着替え、再びバイタルチェック。

その後左肩に筋肉注射を打つ。

「細い針でお願いね」とすがる私に、看護士さんは笑いながら「これ痛いのよねぇ」って,一気に打つ。

痛〜い!(つд⊂)エーン

でも即効力抜群で、あっと言う間に頭がボーっとしてきた。

これから内視鏡室へ車椅子で向かう。

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

気管支鏡検査初体験①

いよいよ今日は気管支鏡検査の日。

12時半集合なので、中途半端だけどギリギリまで仕事して、タクシーで病院へ。

血圧、熱、脈拍を計っただけで、既に緊張はマックスに。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

やたらトイレに行きたくなるが、行ったところで用はなし。

今日は検査を受ける患者が私ひとりだそう。

看護士さんに待ち時間がない分ラッキーだわねと言われても、仲間がいないのは心細いものよ。

これから着替えて前処置の筋肉注射が待っている。

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

定期検査結果

半年ぶりの定期検査。

この夏はやけに疲れが取れないし、咳も気になる…って思っていたら、やっぱりひっかかっちゃった。

早急に気管支鏡検査をしましょうと言われ、どんな検査か聞けば聞くほどビビってしまった。

早速ネットで調べてみた。

胃カメラのファイバースコープよりは細い管だそうだけど、気管支って異物が入れば咳込むし、呼吸困難にもなるとかで、胃・大腸・気管支の各内視鏡検査の中ではダントツに苦しいんだって。(´;ω;`)ウウ・・・

麻酔が効いている間は、誤嚥性肺炎を避けるために、唾液も飲み込めないそう。

山のようにティッシュを置いておくから思う存分使っていいよって、看護師さんはお気楽に言うけどサ、なんか、ものすごーくダラシナイ姿が想像されて落ち込むことしきり。

| | コメント (0)

ケンタでブレイク

ケンタでブレイク

嵐の大野クンがCMしている「レッドホットチキン」と「ハラペーニョボンレス」が食べたくて、ケンタッキーでティーブレイク。

ついでに綾瀬はるかの「メイプルアップルパイ」とシェイク「クリームブリュレ」を足して、がっつりブレイクとなった。

アップルパイはメイプルシロップの味が強烈。

クリームブリュレは、中に何やらサクサクしたものが入っていて意外とイケる。

チキンはハラペーニョソースを目一杯かけたけど、私にはまだまだ辛さが足りないね。(・_・)エッ....?

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

本日のスイーツ

本日のスイーツ
本日のスイーツ

今年初の巨峰は、毎年この時期に産直で宅配してもらっている茨城県日立太田市のもの。

今年は東日本大震災や原発問題があって、農産物の出来を心配したけど、例年通り出荷しますと聞いてひと安心。

甘くてとても美味しかった。

例によって、ご近所の友人にお裾分けしたら、手作りのカボチャの煮物と自由が丘「蜂の家」の「栗クローネ」が届いた。

長年の友人だから私の栗好きは承知の助。

くどさのないサッパリとした甘さは実にお上品な味わい。

私、これ好きだわ〜o(*^▽^*)o

巨峰を一房食べ、カボチャの煮物も完食、栗にあんこと来て…

もうホントに至福の時!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (0)

映画『カンフーパンダ2』と『シャンハイ』

映画のハシゴをした。

観たのは、アニメ『カンフーパンダ2』と『シャンハイ

339143_100x100_0051 『カンフーパンダ2』は動きが早くて中々面白かった。

私は2Dで観たのだが、3Dならもっと迫力があったかも?

例によって、アニメの上映は日本語吹き替え版ばかりで、私は字幕版で観たいといつも思う。

20110328010fl00010viewrsz150x1 『シャンハイ』は、太平洋戦争開戦直前の中国上海が舞台。

アメリカの諜報員が殺された真相を究明するサスペンスなんだけど、画面が暗くて、中盤の記憶なし。

ジョン・キューザック、コン・リー、渡辺謙、菊池凛子、チョウ・ユンファ等々有名ドコロが出演。

久々のチョウ・ユンファが懐かしい。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »